• 03-6450-3154
  • WEB予約

お知らせ・ブログ

24時間web予約

矯正中でもホワイトニングはできるのか?詳しく解説します!


矯正中にホワイトニングはできるのか

歯列矯正中にホワイトニング治療を行うことはできるのか。結論は、可能です。しかし、ホワイトニングの種類によって可否が分かれます。
歯科医院で行うオフィスホワイトニングの場合は歯列矯正中にも行うことは可能ですが、自宅でマウスピースを使用して行うホームホワイトニングの場合はできません。
ではなぜオフィスホワイトニングとホームホワイトニングで治療の可否が分かれるのか、以下で解説していきます。

オフィスホワイトニングができる理由

一般的な歯列矯正は、歯の表側もしくは裏側に矯正器具であるブラケットとワイヤーを取り付けて歯列を整えます。
オフィスホワイトニングの場合は、歯にホワイトニング用の薬剤を染み込ませて行うため、器具の有無に関わらず施術が可能になります。

ホームホワイトニングができない理由

ホームホワイトニングは、ホワイトニング用の薬剤をマウスピースに流し込んで歯に染み込ませて白くします。
歯に矯正器具を装着する表側矯正や裏側矯正(舌側矯正)の場合は、歯にマウスピースを装着できないため、ホームホワイトニングの場合は矯正治療後に行う必要があります。

ホームホワイトニングができる矯正

オフィスホワイトニング・ホームホワイトニングのどちらでも行うことができる手法が、マウスピース矯正です。
マウスピース矯正は歯に矯正器具を取り付けずにマウスピースで歯列を整える矯正手法のため、歯に薬剤を染み込ませて白くするオフィスホワイトニングの同時進行が可能です。
ホームホワイトニングの場合は、矯正用のマウスピースにホワイトニング用の薬剤を流し込むことができ、ホワイトニングとしても並行して利用することができます。
ただし、セルフでの治療のため薬剤の付着にムラができたりという理由から、率先してお勧めはできません。マウスピース矯正とホワイトニングを同時進行で考えられる場合は、担当医師との相談が必要です。

ホワイトニングを行うタイミング

歯列矯正は器具を歯に取り付けて歯列を整えるため、そもそも痛みが伴いやすいものです。加えて、矯正器具を取り付けた直後の時期であれば、更に痛みが発生しやすくなります。
そのため、歯列矯正を始めたタイミングでホワイトニング治療を行うと、歯が敏感になっており、矯正器具による痛みが増す可能性があります。
以上のことより、歯列矯正直後にホワイトニング治療を行うのではなく、月に1度、器具を調整する数日前がおすすめのタイミングです。

まとめ

歯列を整えながら歯の白さを手に入れる手段としては、矯正の種類に問わずオフィスホワイトニングがおすすめです。マウスピース矯正の場合はホームホワイトニング治療も可能ですが、担当医師との相談の上で実施しましょう。
ホワイトニングを始めるタイミングとしては、歯列矯正直後で歯が敏感な時期ではなく、矯正器具の調整をする数日前に始めることが有効的です。
歯列矯正とホワイトニング治療を並行して行うには、矯正の種類やホワイトニング治療を始めるタイミングなどについての担当医師との相談が大切です。



@jewel_white_clinic_hiroo
  • Blog
  • Ameblo
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
03-6450-3154
WEB予約