• 03-6450-3154
  • WEB予約

お知らせ・ブログ

24時間web予約

虫歯があってもホワイトニングはできるの?その疑問を解決します!


ホワイトニングとは?

そもそもホワイトニングとは、歯磨きでは落ちない、加齢や遺伝、タバコのヤニなどによる歯の汚れを歯を削らずに専用の薬品で歯を白くすることです。クリーニングとは違い、専用の薬品によって歯の表面についた色素を落とすだけでなく、歯の中にある色素まで分解して歯自体を白くしていくものなのです。

虫歯治療が先?ホワイトニングが先?

結論から言うと、歯科医師の判断にもよりますが、虫歯があってもホワイトニングをすることは可能です。しかし、ホワイトニングよりも虫歯治療を優先したほうが良いでしょう。

虫歯治療を先に行ったほうがいい2つの理由

虫歯が進行してしまう恐れがある

ホワイトニングによって歯を白くするためには、数回通う必要がある場合があります。その場合、施術が完了するまでに時間がかかりますので、その間に虫歯が進行してしまう可能性があります。

ホワイトニングの薬剤で痛みを感じる場合も

虫歯の進行度合いによりますが、ホワイトニングで使用する薬剤がしみて、今まで感じなかった痛みを感じる恐れがあります。

被せ物や詰め物がある場合は要注意

先述の通り、虫歯治療をした後にホワイトニングをしたほうが安心だと言えます。しかし、1つだけ注意しなければならないことがあります。それは、被せ物や詰め物がある場合です。
プラスチックやセラミックでできた被せ物や詰め物は、現状の歯の色に合わせて作ります。そして、被せ物や詰め物は、ホワイトニングの薬剤を使用しても白くはなりません。
つまり、ホワイトニングをすると、自前の歯は白くなったのに、人工の歯はホワイトニング前の色のままになってしまいます。

気になる方は、ホワイトニング後の歯の色に合わせて、新しい被せ物や詰め物を作り直す必要があります。
ホワイトニングをするのであれば、被せ物や詰め物は、予め白いものにしてもらうなど担当医師に相談したほうがよいでしょう。

まとめ

このように、虫歯があってもホワイトニングは可能ですが、虫歯治療を先にした方が良いでしょう。ホワイトニングの前に歯科医師が診断するので、ご自身が満足のいく歯を手に入れるためにも、治療する前に歯科医師としっかり相談することをオススメします。



@jewel_white_clinic_hiroo
  • Blog
  • Ameblo
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
03-6450-3154
WEB予約